大人ニキビの改善・予防法について

大人になってからできるニキビは、若い頃できたニキビとは異なり、治りにくく、繰り返してしまう事が多いです。ですから、ニキビが出来る原因をしっかりと把握し、改善、予防をしていかなくてはならないのです。

 

ニキビができる原因には、主に、乾燥と、ホルモンバランスの乱れによるものです。

 

皮脂を取り、乾燥させて乾かした方がニキビ予防に良いと勘違いされている方もいますが、それは大きな間違いです。大人のニキビは、肌が乾燥すると角質が固くなり毛穴がふさがった状態になってしまう為に出来やすくなるのです。洗顔後はしっかりと保湿を行って肌を柔らかい状態にしてあげることは、ニキビケアにおいて最も大切な事です。

 

もうひとつの原因、ホルモンバランスの乱れを改善する為には、生活習慣を改めなければなりません。ストレスをためない事、バランスの取れた食生活を心がける事、睡眠や休養をしっかり取る事、適度な運動を行う事、そういった生活習慣を見直しましょう。

 

私の場合、保湿は常に心がけ、生活習慣も出来るだけ乱れないようにしているのですが、体調を崩したり、食べ過ぎ、飲み過ぎになると、たいてい決まった場所にニキビが出来てしまいます。

 

原因が明確にわかっている為、なるべく酷くならないように、触らない、気にしなり、化粧の厚塗りをしないようにし、直ちに乱れた生活習慣を立て直すようにしています。